HEIAN BLOG 校長 BLOG

記事一覧

お元気ですか? 2020/05/25 2020年05月25日(月)08時46分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在25日午前8時50分)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、35.6度、先ずはひと安心です。

いよいよ首都圏と北海道でも緊急事態宣言が解除されそうです。今夕には総理発表があるかも知れません。やっとやっとです。ただ不要不急の県境を越えた移動には自粛要請があるとか、何度も申し上げていますが、緊急事態宣言が解除されといっても決してコロナウイルスが消滅したわけではないのです。

今週は、週半ば27日(水)から29日(金)までの3日間、学年別・生徒番号別の登校日を設定しています。学校滞在はわずか1時間30分以内ですが、まだ一度しか顔を合わせていない友人や先生方とのとの再会は大変に貴重なものとなると思います。マスクの着用、手指の消毒やうがいの励行、小さな努力の積み重ねこそが感染予防の最高手段です。感染予防に秘術秘策はないということを肝に銘じて、朝夕の検温とも併せて”新しい生活様式”を確実に実践していきましょう!

未知のウイルスとの戦い、第一波は暗中模索の状態で世界的にも大きな感染を許してしまいました。まだ効果的な治療薬の開発も途上段階で、予防ワクチンの開発も確実な進捗はないようです。重症呼吸器疾患であるSERSやMERSの時も、結局はワクチンは開発されなかったと記憶しています。
写真第二波、第三波の到来は、大きな犠牲を払った第一波の教訓から、かなりその拡大を減少させられるはずです。それには秘策・秘術のないことは先に記しましたが、三密をさけ、マスクを必需品として、手指消毒や手洗い・うがいの励行するという、基本的にして日常的な小さな努力の積み重ねこそが大切です。

来週からの学校再開、学校こそがその小さな努力の積み重ねの場であることを、心から願わずにはいられません。

お元気ですか? 2020/05/24 2020年05月24日(日)08時57分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在24日午前9時)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、35.7度、先ずはひと安心です。

写真昨日、学校再開にあたって飛沫拡散防止機能を備えたマスクの着用をお願いしました。しかし、お母さんやご近所の方からプレゼントされた、まだまだドラッグストアーなどで入手しにくい、などで個性的なお手製マスクを着用したい方々もあるはずです。

ちょっと気になっていろいろ調べていると朗報がありました。「防菌・防塵フィルター(シート)」が販売されているのです。不繊布で3枚に折りたたんで使用すると、サージカルマスクとほぼ同等の飛沫拡散防止の効能が期待されるようです。ちょっと面倒かもしれませんが、お手製マスクを着用する人は是非とも活用してください。

中国湖北省武漢での感染症拡大の時期、数多くの邦人がチャーター機で帰国したことは大きな話題になりました。その際、数次にわたる邦人帰国プロジェクトに献身的な貢献を果たされた中国人企業家の話題が、今日の京都新聞に特集されていました。かつて東京大学大学院にも留学経験もあるこの方は、「お世話になった日本人に恩返しがしたい!」として、現地日本大使館の協力要請を快諾し、日本語が流暢な社員や勇敢なバス運転手を確保して、移動制限が厳重な現地で困難な邦人移送に当たられたということです。

忘れたくないエピソードです。

お元気ですか? 2020/05/23 2020年05月23日(土)11時12分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、遅くなりましたが、おはようございます。(現在23日午前11時15分)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、35.4度、先ずはひと安心です。

昨日の夕刻、学校再開のお知らせをこのホームページにて発表させていただきました。いよいよ3ケ月に及んだ休校が解除されます。
何度もお伝えしていますが、緊急事態宣言が解除され、徐々に社会活動が正常化に向かうといっても、臨時休校が解除され学校生活が普段どおりに戻るといっても、決して新型コロナウイルス感染症が収束したわけでもなく、ウイルスが私たちの周りから消滅したわけでもありません。

こうした中での学校教育活動の再開です。

政府の専門家会議からも発信されていますが、”新しい生活様式”が提唱されています。この新しい生活の必需品が「マスク」です。

皆さんやご家族の皆さんも、一時のマスク不足に対応して、お手製のカラフルでおしゃれな”マイ・マスク”を楽しんでおられるかと思います。東京都の小池知事もずいぶんと楽しんでおられるようです。

写真マスクの役割は防塵(ボウジン)性能です。防塵性能にはアメリカ規格、ヨーロッパ規格そして日本規格といろいろあるようです。3ミクロン防護ののサージカルマスクは、マスクをしている人からの飛沫拡散を防止するのが主な役割。エアロゾル化したウイルスからマスク使用者を守るには0.1ミクロン防護の規格性能が必要なのだそうです。医療従事者用のアメリカ規格N95マスクや中国規格KN95マスクなどが、使用者をウイルスから守ることができるとのことです。
ドラッグストアなどで売られている三重構造の不織布サージカルマスクのほとんどは3ミクロン防護の規格品です。ガーゼやジャージ、織物の布マスクの防護性能はこの規格にも届かず、使用者からの飛沫拡散防止とて必ずしも十分とはいえないとのことです。ましてやコロナウイルスのエアロゾルを防ぐ性能など期待すべくもないとのこと。

新しい生活の中ではマスクは必需品ですが、それはオシャレをするためでもなく、自己主張の道具でもありません。マスクは自らが発生させる飛沫の拡散を防ぐためのものなのです。しかし、それはまたエアゾル化したウイルスを防ぐためのものではないという事実も知っておきましょう(N95やKN95規格品は別です)。

そろそろドラッグストアでもだいぶ値下がりした「三重構造の不織布サージカルマスク」が販売されるようになっています。新しく始まる学校生活に備えて、少量でも手にいれておきましょうか!

そう考えるとマスクこそが「利他」の精神を顕わしたものなのかも!

※ 写真は、先日、卒業生の 大塚拓馬 様から寄贈されたサージカルマスクの一部です。

お元気ですか? 2020/05/22 2020年05月22日(金)10時09分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在22日午前10時10分)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、35.7度、先ずはひと安心です。

サァー緊急事態宣言が解除されました。学校教育活動の再開も間近です。
三段階に別けて取り組んでいきたいと慎重に計画を策定しています。
本日の夕刻にはホームページで情報を公開したいと思いますので、ご注視ください。

写真昨日、5月21日(木)は、宗祖親鸞聖人の降誕会を勤修いたしました。併せて開校記念日でもありますので、本校に永年勤続していただいた先生方に、学校法人龍谷大学常務理事・龍谷大学副学長の藤原直仁様から表彰状伝達とご祝辞を頂戴いたしました。

宗祖降誕会は、報恩講と並ぶ浄土真宗の二代法要のひとつで、例年であれば全校生徒と共に盛大に勤修されるものですが、本年はコロナ禍による休校中のことですので教職員のみでのお勤めとなりました。
申し上げるまでもなく、本校の建学の精神は浄土真宗の精神です。また、浄土真宗の精神とは、生きとし生けるものすべてを、迷いから悟りへと転換させたいという阿弥陀仏の誓願に他なりません。
本校は、阿弥陀仏の願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞聖人の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕らかにする」ことのできる人間を育てます。

三ヶ月の及ぶ本当に永い”闘い”でした。生徒の皆さんや保護者の方々のお取り組みにより、現在まで一人の感染者も出さずに学校教育活動の再開を迎えようとしています。この成果を決して無駄にすることなく、さらに建学の精神の醸成・伝播に努めてまいります。

緊急事態宣言が解除されたからといってもウイルスが根絶されたわけでは決してありません。
このことを十二分に意識して、計画的な学校教育活動の正常化を果たしたいと思います。『怠ることなく精進せよ!』を肝に銘じます。

お元気ですか? 2020/05/21 2020年05月21日(木)09時12分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在21日午前9時15分)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、35.6度、先ずはひと安心です。

とうとう日本高野連の裁定がくだされました。昨日(20日)、甲子園大会と共に京都大会まで中止の決断が下され、新聞各紙には高校野球関係者の落胆の声が数多く掲載されています。インターハイに加えて甲子園大会まで中止とは......、予想されていたこととはいへ、その衝撃は計り知れません。

昨日午後5時から報道各社が来校し、硬式野球部 原田 英彦 監督への取材インタビューがありました。席上、監督は無念の思いをかみしめ、「現状を理解し、納得し、諦めないと前に進めない!」と。

「諦めないと前に進めない!」この原田監督の表現、これは『諦念』を意味するのでしょう。
『諦念』の意味を探りました。TRANS.Biz/ビジネスワード/日本語表現 を参照しています。

「諦念」の読み方は一般的には「ていねん」と読みます。仏教用語としては、「たいねん」と読みます。「諦念」の意味は「迷いを去った境地のこと」で、「真理を悟り、迷いを去った境地に達すること」という意味と、「あきらめの境地に達すること」という意味があるそうです。
ただし、「あきらめの境地に達すること」の意味が「見込みがないと断念する」という意味の「あきらめる(諦める)」ではないことがこの言葉のポイントです。
「諦念」とは、「迷いを去った境地」のことをいい、「諦めの境地に達すること」と説明されることもありますが、その「諦め」の意味は「無理だと断念する」ということではなく、「こだわりのない悟りの境地に達する」という仏教の意味合いを含んだ意味として使われます。
「諦念」は、執着や迷いを手放して自由を得た心の境地を表す、ポジティブな言葉として捉えることもできます。

この意味で「諦めないと前に進めない!」を言い換えると、「甲子園大会中止の決断はくだされた。もう大会への執着や、これからどうすればよいのか?という迷いを断ち切ろう!3年生を中心に、心を自由にして純粋に野球を極めよう!!」とはならないでしょうか? 監督にお断りもしない勝手な解釈ですが、吟味してみてください。

今日は、また、京都の緊急事態宣言の解除が期待される日です!

お元気ですか? 2020/05/20 2020年05月20日(水)07時37分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在20日午前7時40分)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、36.2度、先ずはひと安心です。

5月20日、いよいよ全国高野連運営委員会が開催される日となりました。どうか夏の甲子園大会が開催されますように、たとえ無観客など異例の対応があるにしても、部員たちに試合ができますようにと願わずにはいられません。しかし、秋の国民体育大会までその開催可否が取りざたされているとか、生徒・部員の皆さんの安心・安全を考えると難しいのは百も承知していますが......。

安心・安全といえば、このコロナ禍で自転車の利用が広がっているとのことです。在宅時の気分転換や運動、買い物や通勤の足として、公共交通機関利用への不安からも活躍しています。反面、違反行為や高齢者・幼児の巻き添え事故も増加の傾向にあります。
学校再開に向けて、指導担当の先生方は、通学の足として自転車利用が増えるのではと心配しています。手軽で便利な自転車ですが、時には歩行者を死亡させたり大怪我を負わせたりすることもあります。
写真
今朝の京都新聞の記事によると、神戸地裁は2013年、歩行者をはね重い後遺症をおわせた当時小学生の男児側に約9500万円の賠償を、東京地裁では14年、歩行者をはねて死亡させた男性に約4700万円の支払いを命じたとか。
また、昨年、市内北区のライトハウスに通所する視覚障害のある女性が、本校前大宮通の狭い歩道上で、歩道上を走る自転車のためにバス停から動けない、自転車が怖くて通所できない。生徒の皆さんにも、このような状況を見かけられたら声掛けをしていただきたい、もちろん自転車通行には万全の配慮をお願いしたいとの協力要請がありました。

便利で快適な自転車も注意を怠ると魔の凶器になりかねません。
京都市自転車安全安心条例では、交通安全指導と並んで未成年者利用の自転車への保険加入義務は、保護者の方々に課せられています。
生徒の皆さんの交通安全行動はもちろんのこと、保護者の皆様のご指導もよろしくお願いいたします。

ご家族をはじめご縁ある方々の大切な命を守る行動が望まれます!

お元気ですか? 2020/05/19 2020年05月19日(火)07時54分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在19日午前8時)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、35.6度、先ずはひと安心です。

衝撃の写真でした。次をご覧ください。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/05/18/gazo/20200518s00008000164000p.html

5月10日にも紹介した、白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子さん(19)が、18日、「今日、初めてこの姿をお見せします」とのメッセージとともにインスタグラムとツイッターで手紙および写真を公開しました。
その姿は超短髪のものでした。もちろん短髪と言っても、競泳のために短く刈り込んだものではなく、白血病治療の副作用による脱毛から回復し、ウイッグを外した姿でした。まだ二十歳前の女性が......。しかも、公開の理由が、「現在、世界中が不安で辛い日々を送っています。このメッセージが、アスリートの仲間にとっても、また同じように苦難と戦っている誰かにとっても、小さな希望になればうれしいです」とし「私たちは一人ではありません。恐れのない日が一日でも早く来ますように。そんなトンネルにも必ず出口はあります。みんなで乗り越えていきましょう」と言うのです。

「利他」とは、将にこのことではないでしょうか!?

写真例年よりずいぶん遅い開花とは思いますが、「牡丹(ボタン)」の花が我が家の庭先に咲きました。花言葉は、「風格」「恥じらい」などがあり、中国などでは「王者の風格」とします。

かつて一大会で六冠にも輝いた池江選手、まだ大学に入ったばかりの年頃ですが、競泳界のみならず、この困難に満ちた世界においても、すでに人間的に王者としての風格が漂っています。
垣間見える 恥じらい もまた彼女の大きな魅力です。

お元気ですか? 2020/05/18 2020年05月18日(月)10時02分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、遅くなりましたが、おはようございます。(現在18日午前10時)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、36.0度、先ずはひと安心です。

写真新型コロナの感染者数、少しばかり落ち着いてきたようです。
直近一週間の人口10万人当たりの累積新規感染者数は、0.5人未満で緊急事態解除の一つの基準とされていますが、京都府は0.23、大阪府は0.43、兵庫県は0.20ということです。17日の感染者数は、東京都5人、大阪府0人、京都も0人でした。
いよいよ宣言解除の時期が近づいてきたのかナァ~、と期待されます。
しかし、これらは二週間前の私たちの行動結果の反映です。その後、人出が増え、緊張感が緩んでいるとの指摘もありますので、今月末の統計が大いに心配されます。

今週、21日(木)に、政府の一定の見解が示されるとのことです。

学校の再開、確かに好転しているとは言え、心配は心配です。

恐れるな、しかし怠るな!

着々と皆さんとの再開に向けての準備を進めてまいります。

お元気ですか? 2020/05/17 2020年05月17日(日)07時58分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在17日午前8時)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は、昨日と同じ36.2度、先ずはひと安心です。

新型コロナ感染症による全世界の感染者数が460万人を超え、死者数も31万人を超えたということです。31万人というと、京都市の下京区・中京区と南区の合計人口に匹敵する数です。京都市中央部がポッカリと無人地帯になった、わずか半年ばかりで。本当に恐ろしいと、あらためて実感します。

今朝、京都新聞朝刊を読んでいると、次のようなコラムがありました。

『仏教の教え コロナ不安に効く 「今」に集中、「幽霊」になるな』
浄土真宗本願寺派超勝寺住職 大來 尚順 氏の”プラス思考で生きるための心の持ち方”についての紹介です。

そもそも人はなぜ不安になるのか。「すべては結果が見えないことが原因」と指摘。収束のめどが立たず、真偽不明の情報に振り回され、冷静さを失っている人々の姿に、大來さんは「『幽霊』のようになっている」と感じている。
写真
長い髪を引きずり、両手を前に出し、足がないのが一般的な幽霊のイメージだ。髪は過去への執着、手は先のことにとらわれて取り越し苦労をしている姿、足がないのは宙に浮いて今がないことを表している。
「重要なのは『後生の一大事」。この言葉の本当の意味は『死という行先は決まっていて避けられない。だからこそ生きている今を大事にしなさい』というものです」(京都新聞より引用)

生きている今を大事にする! 決して幽霊になるな!!

明日からの一週間が、休校最後の一週間となることを願わずにはいられません。

お元気ですか? 2020/05/16 2020年05月16日(土)08時43分

龍谷大学付属平安高等学校・中学校の生徒の皆さん、おはようございます。(現在16日午前8時45分)
お元気ですか? 体調に異常はありませんか? 体温を、朝夕、計っていますか? 私の今朝の体温は36.2度、先ずはひと安心です。

今日は朝から久方ぶりのしとしと雨です。もう沖縄方面は梅雨入りしているとか、ジメジメは嫌ですがしとしとは風情のあるものです。

昨日は、「賀茂祭」(葵祭)の日でした。
感染症の影響で、平安装束の十二単や束帯姿の王朝雅な行列が都大路を進む「路頭の儀」は中止されましたが、「社頭の儀」は執り行われたとのこと。イメージとしては、爽やかな五月晴れの中の行列が中止されると、葵祭そのものが中止されたかの感がありましたが、そうではなかったようです。上賀茂神社と下鴨神社の神事ですが、一般的には京都の三大祭の一つ、大きな観光資源であることには間違いないようです。これも、今年は中止。全国は言うまでもなく、この京都も異常事態の中にあることを実感させられます。
写真
写真は「二葉葵」です。花言葉は「細やかな愛情」とのこと。由来は不明ですが、ひょっとして葉形がハート形に似ているからかも!?

この夏の甲子園大会の開催可否が注目を浴びています。全国高校生の野球選手権大会というよりも、こちらも真夏の最高・最大の国民的イベントです。本校は、もちろん全国制覇を使命とする硬式野球の伝統校ですが、現在、活動休止中。多くの部員は、寮を出てそれぞれの自宅で個人練習に精を出しています(そのはずです)。やはり一番の気がかりは、最終学年三年生の精神状態。原田監督も、一軒一軒、生徒自宅を訪問してモチベーション維持に努められています。結論は、20日の日本高野連運営委員会で決定されるとか、一縷の望みをつなぎたいと思います。

全国高校総体も中止になりました。夏の甲子園は? 本当に気がかりですが、選手の気持ち、特に最終学年選手の気持ちが本当にホントウに気がかりです。
関係者の皆さん、保護者の皆さん、「細やかな愛情」こそを彼・彼女たちに!

ページ移動